2016年3月9日水曜日

講座『基本的労働習慣~職業準備性ピラミッド2段目~』

スタッフの水野です。
職業準備性ピラミッドの上から2段目の基本的労働習慣に関して講座を行いました。

働く上で習慣付けておくと良いことが幾つかあります。その代表的なものが挨拶です。これは当たり前のことですがとても大切です。挨拶する時のポイントとして明るく元気良くすることです。
相手に伝わらなければ挨拶したことにはなりません。大きな声で挨拶をしてみて下さい(^_^)


次に、報告・連絡・相談、いわゆる『ほうれんそう』です。
これは、昨年の8月にも講座をしている内容なので覚えている方が多くいらっしゃいました。

今回は相談に特化して講座を行いました。
相談は相手と話し合いをして物事を決めていくので報告・連絡よりも難しいと思います(>_<)


相談する際には、自分がどうしたいのかを決めてから相談に行くと良いでしょう。例えば、上司に「熱があります」と言っただけでは上司は「だからどうしたの?」と思ってしまいます。「熱があるようなので病院に行きたいと思います。申し訳ございませんが早退させて頂けませんでしょうか」と言うように、自分がどうしたいのかを伝えることが相談する際にはとても大切なことです。

その他にも返事、身だしなみ、規則の厳守など身に付けておくと良い習慣は沢山あります。ひゅーまにあで一緒に正しい習慣を身に付けていきましょう(^^ゞ