2017年6月13日火曜日

講座『挨拶の達人Ⅲ』~声に表情をつけよう~

 スタッフの宍戸です。今回の講座は挨拶の達人パートⅢと題して、声に表情をつけようというテーマで、発声練習に取り組んで頂きました。回を重ねるにつれ、声量も表情も豊かになり、沢山の挨拶が交わされました。

 利用者のM.Sです。発声の基本姿勢を学びました。正しい姿勢は「頭が宙に吊り下げられるようなイメージで背筋を伸ばし、無駄な力を抜く」ようにして作ります。正しい姿勢をとることで、声帯が開かれ、声が届けやすくなります。


 次いで声に表情を付けることを学びました。声に抑揚をつけることで、相手に感謝や謝罪の気持ちを伝えやすくなります。「おはようございます」「おつかれさまでした」等、普段何気なく行っている挨拶にも声の表情をつけることで、気持ちが伝わるものなんだと改めて感じました。


 第一印象は最初の6秒で決まってしまうと言われています。第一印象を良くして面接を受けるためにも普段の挨拶を意識していきたいと思いました。挨拶には「心を開いて相手に迫る」という意味があるとのことです。相手の心を元気にさせるような明るい挨拶を身に付けたいと思いました。