2017年8月14日月曜日

講座『体の仕組みを理解して夏を乗りきろう』

 スタッフの梅野です。今回の講座のテーマは「体の仕組みを理解して夏を乗りきろう」ということで、暑い夏に人間の体がどのように反応して、どのようにすれば体調を崩すことなく過ごせるかを話しました。特に、暑さを感じるのはどういうことか、どうしたら涼しく過ごせるのか、夏バテの原因などをピックアップして解説しました。



 利用者のY.Mです。梅雨明けをしても湿気でじめじめとした日々が続きます。暦の上では立秋になったそうなのですが秋の気配はなく、9月までこの暑さと闘いを続けなくてはなりません。この季節は毎日のように「熱中症」のことが報じられ、その予防策などTVで聞くこともあるのですが、実際に自分では対策を取っていなかったために、ベストタイミングの講座でした。


 人は体温が上がらないように血流や発汗により体温を下げている。木陰に入ると体感温度は9℃下がる。冷たい飲み物の過剰摂取は消化器官の機能低下を起こすなど、ためになる知識を学ぶことが出来ました。


 仕事をする上では健康管理は社会人の基本です。今回の講座でTVなどの広く知れ渡っている情報から、もう一歩踏み込んだ知識を得たことで、体調管理をしっかり行って、快適に夏を乗りきりたいと思いました。