2018年2月9日金曜日

講座『アサーションという考え方を知ろう③』

 スタッフの齋藤です。シリーズでお伝えしている「アサーション講座」の3回目を行いました。アサーションでは自己表現を、非主張的、アサーティブ、攻撃的と言った3つのタイプに分類します。アサーティブな自己表現をすることによって、対人関係を円滑にしていくことができます。



 利用者のA.Iです。私は普段、あまり深く考えずにコミュニケーションをとっていますが、今回の講座では、会話の状況を客観的に捉え、お互いを思いやった自己表現をするためのプロセスを学びました。


 スタッフによるユーモアを交えた寸劇が始まると、事務所内は笑いがこぼれました。自己主張がなかなか出来ずにいた私ですが、会話の中に譲歩や提案などを取り込むことによって、コミュニケーションが円滑になることを知りました。


 最後に実際に自分たちでアサーティブな表現方法を考えました。対人関係において、事前に会話の下書きを作成することで、対等な主張が出来るようになります。今回学んだことを生かし、積極的に会話に取り入れ、アサーティブな関係を築いていきたいと思います。