2018年3月6日火曜日

講座『願いの効果』

 スタッフの宍戸です。「願いの効果」と題して講座を行いました。人々は古来より様々なこと『願い』生きてきました。今、ひゅーまにあを利用している皆さんも、就職したいという願いがあり、ひゅーまにあを選んでくださったのだと思います。そこで今回は願うことの大切さや願いを叶えるためのプロセスをご紹介しました。

  利用者のA.Iです。今回は願うことの大切さや、それによって起きる変化について学びました。欲しいものやなりたいものがあるとき、それに向けての準備やリサーチが必要です。私はいきなり大きな目標を設定してしまい、挫折することが多くありました。それは漠然とした願いだったため、具体的に行動を起こせずにいたことや、そこに至る道筋が上手く描けていないせいだということに気が付きました。

 大きな願いを叶えるためには、それに通ずる小さな目標を叶えていくことから始まります。小さな目標を作り達成していくことは、大きな願いの過程であり、願いのイメージが抽象的だと、目的を達成するための道筋が見えなくなってしまいます。小さな目標を掲げ、達成し続けることによって、自信につながり、常に進歩している状態になることができます。たとえ失敗したとしてもよりよい方法を考えるきっかけになります。

説明の後、自分の願いをもとに、目標の期限を設けたり、働いている姿やどんな働き方をしているかをイメージしました。
 資料の最後のページに「常念必現」という言葉があり、常に念じていると必ず実現するという意味の説明がありました。日々の中で流されるまま過ごすのではなく、小さな目標からスタートして大きな願いを叶えるための準備をしていきたいと思います。