2018年4月6日金曜日

講座『面接の達人~柔らかく話す~』

スタッフの宍戸です。『面接の達人』シリーズの“柔らかく話す”ことについてお話しました。「こんにちは」という挨拶も、表情や声のトーンによって相手に与える印象は大きく違ってきます。今回皆様にそういった印象の違いを感じてもらえるよう、実際に発声を入れながら“柔らかく話す”コツをお伝えしました。来る面接に向け、日頃から意識して取り組んでいきましょう。


利用者のA.Iです。今回は、面接での“会話力”をテーマにした講座でした。
就職をする際、避けて通れないのが面接です。そのとき見られているのがコミュニケーション能力の有無であるということを教わりました。職場では仕事を行う技能だけでなく、他の人と良い関係を築くために“会話力”も必要であり、普段から分かりやすい言葉で伝えることが大切だと感じました。


 私は実際に面接を行った際、最初は緊張で震えていましたが、質問に対して簡単な言葉でも伝わるように話し始めると、笑顔も出てきました。言葉に詰まることもありましたが、「柔らかい話し方」を意識することで緊張もほぐれ、スムーズな会話ができたように思います。



 普段の会話であっても、難しい言葉ではなく柔らかい言葉を用いることで、表情も口調もソフトになります。質問に対して伝わりやすいように答えられるということは、質問の意味を理解していることであり、コミュニケーションがとれるということになります。緊張をほぐすためにもソフトな言葉遣いを意識して、普段から会話力を高めていきたいと思います。