2018年5月23日水曜日

講座『就職と定着』

 スタッフの延藤です。今回のテーマは『就職と定着』とし、ひゅーまにあに通う目的などをお話ししました。就職は通過点であり、定着して働くことがひゅーまにあでの訓練の目的になります。定着して働くために必要なことを4つにまとめ、ご紹介しました。


 利用者のA・Iです。今回は就職と定着についての講座でした。就職は通過点であり、定着し働き続けていくことが通所や訓練の目的であるということを学びました。私は現在就職活動の最中で、就職することが目的になっているふしがありましたが、定着するために必要なことの重要性を知り、これからの新たな目標が出来たように思います。


 その中で、働き続けるためには自分の障害について理解することなどが必要だと学びました。定着していくには周囲の理解や協力が不可欠です。困ったときに支援を求められるように、常に自分の状態を説明でき、周りの方とコミュニケーションをとれるようにすることも大切だと感じました。


 私たちがこの先定着して働き続けることに対して必要なことは数多くあります。働き始めてから出てくる問題もそれぞれあると思います。その負担を軽くするために就労支援の通所や訓練を行い、課題を克服していき自信をつけていくことが重要だと感じました。私も就労支援を実際の会社と見立て、定着することを目的としながら過ごしていきたいと思います。